なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年3月23日の大崎裕史の今日の一杯

東京都豊島区北池袋

2018年10月1日オープン。ドンキホーテ北池袋店の隣。最寄駅は東武東上線北池袋になるが約800m。渋谷にある「真武咲弥」出身の女性店主で在籍中はイベントなどで「ファイアーガール」として目立っていた。「茜ノ舞」でも中華鍋で煽る際にかなりの火柱を立て、それが店の名物にもなっている。11時から中休み無しで午前3時までなので煽り担当は交代制。今でもイベントなどでは「真武咲弥」が出る際には協力していたり、友好関係を保っている。
今の「真武咲弥」(渋谷)は味の方向性をガラリと変えてしまい、今までの炙り味噌は出しているものの、グルテンフリー 、ノンポーク、ビーガンなども発売。
こちらは「炙り味噌」はやってないものの、「炎の濃厚味噌」800円としてメインで発売中。サブメニューは「濃厚海老味噌らーめん」800円、「濃厚黒胡麻クリーミー担々麺」800円など。
初訪なので「炎の濃厚味噌らーめん」を注文。火柱を立てて煽った野菜の焦がし風味がクセになる。麺は札幌の小林製麺製で中太縮れたまご麺。
濃厚味噌の熱々スープ。麺やスープが札幌らしさを感じさせる。
電車で行くには不便な場所だが平日でも待ちが出るほどの人気。少し待ってカウンターの「ファイアー」が見える場所でよかった。

お店データ

麺匠 茜ノ舞

東京都豊島区池袋本町2-6-2(北池袋)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。